読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なうぇすとの素晴らしさを伝えたい②(名古屋2/16)

なうぇすとの素晴らしさを伝えたい①(名古屋2/16)の続きです。無鉄砲ボーイを歌った後はこちらの曲。

☆雪に願いを(濱田・小瀧)
2人がメンステに登場。のぞむは、ギターを演奏します。なんでしょうこの空間。会場は暗く、2人が照らされる。白い光のつぶがまるで満天の星空のようでした。2人のハーモーニーが鳴り響く。あの時間、すごい良かったなぁ。

で、ごめんなさい(笑)なうぇすとの素晴らしさを伝えたい①で書き忘れたんだけど、確かギラギラブベイベーかな?このときリフターで神ちゃんが上がってきて、そのときの神ちゃんがたまらなくかわいかった。途中、急にリフターに座って足ぶら〜ん。テディベアみたい。神ちゃんテディベア。その後寝っ転がっちゃう。か!わ!い!い!!これだけはどうしても伝えたかったです。さて、話を戻します(笑)


☆関西Jr.メドレー
Hairから、UME強引オン!と続きます。Hairはもう…言うまでもなくかっこいい。エロい。あっという間に終わっちゃうからもうちょっとやってほしい。UME強引オン!は丈と末が良かったんだよなぁ。2人とも金髪で、金髪コンビでわちゃわちゃしてて。なんかペンラくらいのサイズの割り箸に紙を貼り付けたみたいのに「丈」って書いてある小道具を持ってカメラにアピール。裏面は「望」だった(笑)てか、これ小道具なのかと思ってたけど、レポを見た感じどうやらファンが作ったやつを借りたっぽい。とりあえず丈末ピースフル。

次は、安定のパラパラコーナー!!

☆エエやんけェ‼︎
今回は、MCのランキングを彼らはまだ引きずっていて(笑)5位の崇裕!2位の淳太!7位の大毅!のように紹介されてメンバーのソロパートを歌いました。自分のソロパートなのに「アホッアホッアホッ」とアホ連発して全く歌わない重岡くん(笑)重岡くんはもう7位のことをネタにしていますね。彼のこういうところが良いんだなぁ。

☆アカンLOVE〜純情愛やで〜
センステで踊り狂います。この曲ってメンバーがダンスをして、お客さん達がそれを真似するっていうモノマネダンスコーナーがあるじゃないですか?そのときの神ちゃん。ハイレベルなダンス(倒立っぽいの)をする。できるわけないでしょ!と会場中が心の中でつっこんだはず。それを代弁するかのように「できるか!」と照史のつっこみ(笑)
真似するメンバーと関ジュを見て「わかるのは淳太が一番下手!!」と照史が。突然のばどー!!
あとのぞむが間奏でブルゾンちえみのネタをやってたらしいんだけど、私元ネタ知らなくてなんだろうって思ってました(笑)

もう、この曲くらいからメンバー全体のテンションがアゲアゲで暴れてましたね。いつも以上のはしゃぎっぷりでした。体力有り余ってるのほんとだと思った(笑)

☆ホルモン〜関西に伝わりしダイヤモンド〜
全員メンステへ。またまた踊り狂います。サビ前の濱ちゃん・神ちゃんと続くパートでは
濵ちゃん「どんな道だって楽じゃないよな!!!スタミナがなけりゃ進めない!!(セリフ口調)」
それに乗っかる神ちゃん。「そう!!どんなことだって無駄じゃない!燃えあがれるかは自分次第!!(セリフ口調)」
そしてセンステまで走り出す神ちゃん。メンステでみんな全力でサビを踊る中、全力で走る(笑)
次は流星が「根性見せろよ東西南北〜〜」のラップのところでセンステまで走り出す。流星が乗っかった!!わかってる〜!よくできる子!!!!!拍手!!(流星に甘い私)
いや〜、ほんと流星までもがこんなにテンション上がってるの珍しいな〜と思って…こっちもすごいテンション上がりましたよ!!続いて、のぞむも走る。のぞむはなんとバクステまで走った!でも折り返しのときに疲れ果てて倒れこむ(笑)のぞむ、期待を裏切りません。そして、最後は濱ちゃん行け!って言われながら濱ちゃん猛ダッシュでバクステまで走る。濱ちゃんは折り返しも全力で、センステまできて濱ちゃんだけセンステでサビを踊る(笑)
もうなにこの空間。これコントかな?みなさん、MC中じゃないですよ。激しいダンスの曲中ですよ。自由すぎる(笑)もうみんな暴れすぎて楽しかったです。こんなにテンション上がってる彼らを見れて良かった!名古屋来て良かった!!

☆I got the FLOW (神山・流星)
はい、これ私がこのなうぇすとツアーで1番楽しみだったやつです!!アルバムで曲を聴いた時から!絶対これライブでやってかっこいいやつだって思ってましたよ…。まず、衣装が!かっこいい!!2人とも黒っぽくて騎士みたいなかっこいい衣装。そしてサングラス。ハット。これはずるいです。
あのイントロと共に、メンステのソファーに座った2人が…!やっぱり、椅子を使う演出は間違いない。そしてちょいちょい腰振りを挟むダンス。はぁ〜〜〜!思い出しただけで興奮です!
サビ前、まずは神ちゃんの英語のセリフ。サングラスからちらっと目を覗かせ、ニヤッとした表情。くぅ〜〜〜!痺れます!いつものかわいい神山智洋とのギャップよ!!
2番サビ前は、流星の英語のセリフ。流星もサングラスからちらっと目を覗かせ、さらに舌ペロ。もう言葉がでません。何この人!?かっこいいとか単純に一言じゃ言えない。オーラがすごい。色気がすごい。魅せ方がすごい。鮮やか。これぞまさに真のエインターテイメントと言うのでしょうか…。もう、この曲は流星に釘付けですね…。
そして2人が歌いながらメンステからセンステに移動するんですけど、なんでしょう。この2人の帝王感。俺についてこいよ!みたいな。普段穏やかな2人がオラオラしてる感じ。たまらない。そして2人がメンステで踊り切ると、そのまま次の曲へ。

☆Believer
流星・神ちゃんがいるセンステに、メンバーが集結します。また登場の仕方がすごい。センステの真ん中から、下から残りのメンバー達が上がってくるんです。この瞬間、瞬きできないです。この瞬間をずっと見てたい。もっと堪能したい。イントロと共に上がってくるメンバー。この光景は忘れられません。
衣装は、メンバーそれぞれ違ってるんですけど、みんなかっこいい。特に私はのぞむの衣装が好きです。ハットが似合ってるんですよね。あと、名古屋はこの衣装のときにのぞむってこんなに顔細かったっけな…と思いました。細さが強調されるんですかね?映画撮影前なのでダイエットしてるそうなのですが。頑張って欲しいです。
話が逸れました(笑)あと淳太くん!羽織ってるのをちょっとずらして、肩見せ。えっろ!!淳太くん超絶エロい。淳太くんって本当に魅せ方が上手。
この曲のダンスもすごくかっこいいですよ。サビのダンスは見ててゾクゾクしますね。ちょっと体をくねらせるダンス。

☆one chance
センステで踊ってた彼らに、白のスモックがかかります。そして始まるイントロ。きたぁぁぁ!!わんちゃんす!!!この流れでわんちゃんす!!心臓持たない。横アリのときは、白のスモックにone chanceという文字が浮かび上がる演出があって感動したんだけど、名古屋ではあったっけな…?見逃しただけだったらごめんなさい。
白のスモックの中、だんだん踊ってる彼らが見えてくるのが幻想的でかっこいいんだけれど、正直、スモックがなかなか濃くて全然7人の姿が見えない。足は見える。私的にはやっぱり踊ってる姿を最初から見逃したくないので、この演出やめてほしいです(笑)
流星の「超イイ」を聴くのにソワソワしながら彼らの激しいダンスを見守る、この時間が最高です。セリフがくるところで視線をモニターに移し、流星の表情と共に「超イイ」を堪能。あっぱれ。余は満足じゃ。

こんな感じで、超絶かっこいいダンスナンバーが終わっていきます。

次は、あのかっこいい衣装のままステージを駆け回り、ええじゃないか〜バンザイ夢マンサイ!と続きます。バクステにメンバーが集合すると、逆転Winner〜夢を抱きしめてと続きます。この辺はメドレーみたいな感じで曲が終わっていきます。

☆バリハピ
センステに移動すると、この曲が始まります。名古屋のときのバリハピがすっごいかわいかったんだなぁ。濱田軍団(濱田・流星・小瀧)でわちゃわちゃ。しげじゅんでアホの坂田でふざけ合い。神ちゃん照史は距離が近い。なんだこの図は。これを世界平和と呼ぶのでは?
あと、照史と神ちゃんでぐるぐる回って遠心力で神ちゃんがポーン!と放り投げられ、そのまま寝っ転がる神ちゃん。倒れた神ちゃんが魂抜けた顔でカメラに映されます(笑)世界平和。


世界平和を感じた後に、人生は素晴らしいが続くというストーリー。(私の勝手な考え)さらに、ズンドコ・パラダイス・ジパングおおきに大作戦が続き、シングルメドレーが終わっていきます。

☆KIZUNA
歌いだす前、照史の挨拶。「名古屋にはもっとデカイ会場があります。いつかそこでできたら!」って言ってたのが印象的。目標を口に出してくれるのって嬉しいですよね。

そして始まるこの曲。もうね、綺麗なんですよ。雪に願いをのときみたいに、会場が白い光のつぶに包まれ、満天の星空が7人に降り注いでるかのよう。そんな光景の中歌う7人。7人共、すごく気持ち込めて歌ってるのが伝わってくるんです。
「ほら あの日夢に見た目の前に広がる世界」という神ちゃんの歌声から始まるこの曲。この時の歌い方とは少し違う、神ちゃんの力強さを感じたのがここ。1番最後のサビ前。
「心から誇ろう」の神ちゃんの歌声に強さを感じた。ビブラートがすごい。この神ちゃんのビブラートのあと、一瞬音がなくなって、「奇跡起こして」と続くサビ。鳥肌でした。BGMが消え、神ちゃんのビブラートだけが鳴る瞬間があったんです。この一瞬に心を掴まれました。
そして最後の濱ちゃん。最後のサビが歌い終わると、濱ちゃんのフェイクと言うのでしょうか
「ただ1つ〜Oh〜」
ここの歌声が鳥肌です。濱ちゃんの真っ直ぐな歌声。ここを聴くためにこの曲が存在するのだろうかとまで思いました。綺麗なビブラート。だけど、力強い。濱ちゃんのビブラートで終わっていくこの曲。なんて素敵なんでしょう。

途中、濱ちゃんとのぞむが向き合いながら歌う時がありました。はまこたピースフル。

KIZUNAは、神ちゃん・濱ちゃんの歌声が本当に素晴らしいと感じます。もちろん、他のメンバーもとても良い表情で歌っているんですね。最後、モニターが7分割されていて、7人それぞれの表情をしっかり見れるのが良い。この曲を聴くと、WESTってみんな歌上手いなぁって。改めて感じます。

最後、終わってばいばーい!とお別れ。幕が閉じていくんですが、最後中心にいるしげだけが映るんですけど、その顔がいつになく真剣で。MCで散々言われたからここはキメようと思ったのでしょうかね。(笑)

☆アンコール
いま逢いたいからしょうがない〜100%I Love You〜覚悟しろよSummerと続きます。
もう、最初にスタトロでやってきた淳太くん、Tシャツ姿でも色気ダダ漏れで思わずぽかーんと私もじっと見てしまいました。向こう側のトロッコからは流星がやってきました。もう流星のことばっかりに意識がいってしまって、正直曲はまったく入ってきていません(笑)
アンコールが終わって、メンステにみんなが集結する中、流星は1人センステとメンステの間の花道でファンへ手を振ったりしていました。優しい流星。終始ご機嫌な流星でした。かわいかったです。

☆最後の挨拶
最後、メンバー全員手を繋ぎ、しげがマイクを置きます。地声で「俺たちが!」
これを言う前、私はまた絶対ふざけるかな〜って思ったんですけど、彼、そんなことしなかった。いつになく真剣だった。どうしたんだ?なんかKIZUNAあたりからのしげかっこよかった。「ジャニーズWEST!」と会場が叫び、コンサートは幕を閉じていきます。
みんなばいばーい!とはけていくのですが、最後に流星が取り残されます。流星かわいいゾーンがやってきました。落ち着け自分。


「えー!おれほんま嫌や!こういう時何やったらええの?じゃあ一回だけ…ちゅっ♡(カメラに向かって投げチュー)」


ぎゃぁぁぁぁ!!叫びました。会場中が悲鳴でした。ずるいよ流星。最後にこんなプレゼントを置いていくなんて…。
そして、流星が戻ろうとしたらのぞむに押し戻され(レポで見ると重岡説もありますが、おそらく小瀧)「まじか!お前こいよ!」と軽く舌打ちな流星。かっこいい。
仕方なくもう一回戻って来た流星。


「今日のライブ、超イイ…♡ばいばーい!」


もう私は抜け殻になりました。超イイがまさか最後に聞けるなんて…。完全に語尾にハートマークついてた。one chanceのときのセリフとは違う、超イイの笑顔バージョン。
ばいばーい!もかわいいし…。やられた。もう私流星から離れられないんだなぁって。こんなにときめいてしまった。

それにしても、流星を押し返したのぞむに感謝せねば。のぞむできる子!!!!!拍手喝采。

そんなこんなで、私的なうぇすとツアーは幕を閉じたのでした。


名古屋の全体的な感想。
名古屋はメンバーたちがとにかく元気で終始楽しそうだったなっていう印象。本人達も言ってたけど、名古屋は1日1公演だけだから、体力有り余ってこんなパワフルだったのかな。お昼くらいに起きて、そのあとみんなでひつまぶし食べに行って最高やったな!とかいってるぐらいだし。メンバーの元気な姿を見れるのが1番だよ。正直、横アリは1日2公演なんてザラにやってたし、計9公演もやったしまだツアーも始まったばかりだったからかな。ここまではパワフルじゃなかった(笑)

そして、名古屋にきてより一層流星をこじらせた私……。良かったのだろうか。いや!良かった!名古屋が私にときめきをくれた!!名古屋に行けて本当に良かった!これからも流星をこじらせていきます!

ジャニーズWESTってなんて素敵なグループなんでしょう。これからもどんどんおっきくなる彼らを見届けたい。見届けさせてください。



おしまい♡(ラッキィスペシャルの最後ののぞむのセリフ風に)