読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1stドームLIVE 24から感謝届けますの素晴らしさを伝えたい②(12/25夜公演)

1stドームLIVE 24から感謝届けますの素晴らしさを伝えたい① (12/25夜公演)の続きです。


☆最後の挨拶
感動の連続ですよ。これに関しては7人の挨拶の全文を載せたいぐらいなんですが、かなり長文になってしまうので、印象に残ったところをピックアップします。(でも長くなります笑)

*照史
「当時から愛されキャラで誰も嫌いな人がいないんじゃないかと思うような濱田崇裕に出会って。この人はもう死ぬまで一緒なんやろうな、プラスとマイナスのような俺の良き理解者、中間淳太に出会った。そして、この子には一生勝てない、最高のエンターテイナー神山智洋に出会いました。そのあと、誰が見ても、何しててもイケメンで、でもちょっと抜けてるのがまたかわいい藤井流星に出会った。それからおっちょこちょいで、何考えてんのかわからへんねんけんど、ジャニーズWESTの中で1番ムードメーカーな重岡大毅に出会いました。そして、この子が何しても、たぶん俺は全力で守ると思います。そんな末っ子キャラの小瀧望に出会いました。」

照史はメンバー1人1人のことを。これは本当に感動しましたね。この言葉で、照史がどれほどメンバーのことが好きなのか、どれほどメンバーのことを考えているのかがわかりました。素敵なグループですね。

*濱ちゃん
「こういうときって(ステージと客席が)遠いんですけど、遠い存在になってしまうんじゃないかなーとか言われたりすることもありました。街中で会ったファンの方に。そんなことはないです。ずっと、ずっと何も変わらん。僕たちフツーの、なんも変わらん…男の人なんで。クラスにひとりはおったなってヤツが集まっただけです。」

僕たちは何も変わらん。この言葉でどれだけファンの心を掴んだことでしょう。ドームでこの言葉を言われたからこそ、グッときたものがあります。濱ちゃんがファン想いなことがとてもよく伝わりました。

*小瀧
のぞむは、話しながら泣き出しちゃったんですよね。(泣くと思った)
照史に、何しても全力で守るって言われてるんですよ。そりゃあ泣くわ。

「このステージに立ててることを、本当に誇りに思います。そしてみなさんに出会えたことも、すごい幸せで嬉しいです。」

この言葉を末っ子のぞむから聞けて嬉しかった。たくましい一言が聞けました。

*重岡
「僕たちのライブっていうのは、みなさんとの気持ちのぶつかり合いというか、俺も口べたであまり上手に言えないけど」

本当に、しげって口べたなんですよね。正直、私はせっかくの初ドーム、もっといい事言って欲しいって思っちゃいました。心の中で彼は言いたいこといっぱいあったと思うんです。でも、堂々とした話ぶりで、他のメンバーが涙を見せる中、彼はそんな素振りを一切見せませんでした。しげは、強い。さすがセンターに立つ人間だなと思いました。

*流星
流星の挨拶に関しては、流星に担降りした記事でもう話しましたが、今度は詳しく。

「ちょっと話を聞いてたら泣きそうになったんで、空気違うんですけど、聞いていいですか?今日楽しかったですか?」

会場、大歓声。流星は、それを聞いて口ごもり、泣いてしまいます。メンバーからも、流星がなくなんて珍しいな!と言われます。

「いや〜泣きたくなかったな。本当に今回、クリスマスという大事な日に来てくださったことに、それだけで本当に幸せだと思っています。僕達もいろいろありましたから。デビューのときも。でも、一回諦めかけたけど、前を向けたのはみんながいたからです。」

まず、流星が泣くなんて……そんな姿を見て心がギュってなりました。流星の涙は美しかった。
この場面で、楽しかった?って聞ける流星、デビューのときの悔しい気持ちを話せる流星、すごくないですか??
完全に私はこれで流星に心を掴まれました。

*神ちゃん
「(スタッフさんと関ジュに感謝を述べた後)そして、何より1番感謝を伝えたいのはメンバーですかね。僕達ね、メンバーカラーが虹色じゃないですか。虹って、見ると心がホッとしたり、スって落ち着いたり、あったかい気持ちになったりする。だから僕達は、みなさんがホッとしたり、この人たち見てたら安心するなって言ってもらえるような存在に絶対なります!」

なんかとても神ちゃんらしい言葉だなって。虹という言葉で言いたいことを表現する。そんなことができる神ちゃんってすごいです。

*淳太

このメンバーの最後の挨拶のときって、会場みんながペンライトを話す人のメンバーカラーに変えてたんです。もうみんな必死にカチカチッッてペンラの色を変えてたんですよね(笑)淳太くんは会場が色を変えるところを待ってから話し始めました。(優しい)

「さっき濱ちゃんも言ってたけど、僕達はね、おっきくなるなが目標ですから。その度に会場もおっきくなって、ちょっと距離を感じることもあると思うんです。でも、僕達の心は、ずっとみなさんのそばにいます。誰1人、僕達は置いていかへん。もしついていくのがしんどいかなって思う子がおったら、ちゃんと手をとりにいくから。だからさ、ジャニーズのグループはたくさんおるけど、俺たちはほんまに1番近い関係でいよう。」

淳太くんってほんと優しい。1つ1つの言葉すごく優しい。まるで彼女に語りかけるかのような……。こんな優しい言葉ばっかり言われたら泣くに決まってるじゃないですか!!

「もう泣くなよ?俺たちは笑顔がいちばんやろ?でも、泣くのはこれで最後。明日から毎日笑顔で、一緒に進んでいきましょう。僕達やったら、絶対絶対トップにいけると思います。僕はそう、かく…し…ん(ちょっと噛む)」

ここで会場、笑い声が聞こえて来ます。それを聞いた淳太くんの一言。

「ほら!笑顔になった!やっぱりね、みんな笑顔が1番かわいいから。」

え〜〜!?!?なに淳太くん!!自分が噛んじゃって会場が笑顔になった瞬間、こんなこと言えちゃうの!?!?もう彼女かよ。私たち淳太くんの彼女でいていいのかな?

正直、この挨拶で淳太くんのことを見直しました。最年長ってすごい。ファンを彼女のように扱う優しい淳太くん。ファンが聞きたい言葉を怒涛のように並べる淳太くん。彼、すごいです。正真正銘のアイドルです。

☆All My Love
この流れで、なんとこの曲。私、ラキセツアーのときに、なんで歌ってくれないんだろうって思ってたんですよ。ラキセツアーってしっとりした曲がきみへのメロディーしかなくて、All My Love歌えば良いのに…って心の中でキレてました(最低)

なんでずっとAll My Loveを歌わなかったのか、ここで理由がわかりました。以下、神ちゃんのコメントです。
「特にドームに立てたときのためにって温めてたAll My Loveは、自分たちの想いにピッタリすぎて、込み上げてきた。(会報vol.3より)」

そうだったんだ……。大事な曲だから、とっておいてたんだ。昔歌ってくれなくてキレてた自分を殴りたいです…

とまぁ、こんな余談はさておき、最後の挨拶で泣いてるファンも多い中、この曲が始まるのです。一人一人、リフターっていうんですかね?そこに乗って、それが上がっていくんです。一生懸命、気持ちを込めて歌う彼らの姿。もう私の涙腺はここで崩壊です。実は、挨拶のときは泣きそうにはなってたんですけど、この曲で泣きました。歌詞と曲調が心に染みるんですよね。この曲を歌っている姿を見るだけで泣けるのに、目の前の濱ちゃんが泣いてて…歌詞を途切らせながら、歌うんですよ?のぞむと流星は泣いてるし…。あと神ちゃんも泣いてた。神ちゃんが泣いてる姿も初めて見た。

歌っているときは、会場は暗くて、メンステとリフターがイルミネーションみたいに白く幻想的に光ってて。綺麗でした。なにこの光景。美しい。サビになると、上からキラキラと銀色のやつが降ってくるんです。その光景が本当に綺麗で…………。
こんな景色を見せてくれてありがとう。ここにきて本当に良かった。ジャニーズWESTを好きになって良かった。ジャニーズWESTがデビューできて良かった。もう、いろんな感情が込み上げてきました。


次は、アンコールです。なんと!ガラッと雰囲気を変え、それぞれメンバーカラーのサンタの衣装をまとった7人がやってきたのです!!
もう、すっっっごくかわいい。クリスマスにサンタクロースの姿をしたWESTちゃんたちを見れるなんて幸せ。最高のクリスマスプレゼントだ。

曲は、人生は素晴らしい〜青春ウォーーー‼︎〜マ・ル・モ・ウ・ケと続きます。
サンタ姿のメンバーたちがわちゃわちゃ。もうかわいいったらありゃしない!!特に印象的なのはかみしげ2人できゃっきゃ花道で肩を組んでる姿。すごいかわいかったなぁ。

そして、25日の夜は、Wアンコがありました!ええじゃないかです!このコンサートが始まったときに歌ったあの曲!また見れる(;_;)すごく嬉しかった。最初から最後までなんでこんなに良いものを見せてくれるの??彼らの姿に終始釘付けでした。


こうして、コンサートは幕を閉じました。いやぁ〜、非常に長くなりました(笑)ここまで読んでくださって、ありがとうございます。こんなダラダラとした超個人的な感想を読んでくださって、ありがとうございます。

あ〜〜〜お願いだから、早く24コン映像化頼みますよ!!!!!JEさん!!