ジャニオタの就活日記〜現場は通常営業〜

2018年卒、私立文系四年制大学在学中のいちジャニオタの就活日記です。3年生のときは、就活中って全然現場行けなくなる…就活ほんとやだ……と恐れていた私ですが、意外にも現場は通常営業。月に1回は確実に何かしらの現場に足を運んでいました。そしてバイトも週に1回は行っていました。そんな感じで就活を続け、なんだかんだやりたい仕事ができる企業に内定を頂けました。自分は他の就活生に比べて意識は高くなかったので、大して参考になるかはわかりませんが、これから就活を迎える方にとって、少しでもこの記事が参考になれば、幸いです。非常に長いのですが、どうぞお付き合いください。

それでは、私の就活を時系列に沿って振り返りたいと思います。




【3年生8月〜3月の解禁前まで】
初めて就活に片足を突っ込んだのが夏のインターンシップ。8月に1day、9月に2dayのインターンシップに行きました。私はなんとなくインターンシップに行ってみましたが、正直インターンシップは行っても行かなくても、どっちでもよかったかな〜と思いました。別に、3月解禁してから面接で「インターンシップに参加しましたか?」と聞かれたことは一度も無かったので。でも、企業研究、業界研究にはなるので多少の行く価値はあると思います!

現場はたくさん行った。夏はEXシアターに通い、えびコン、エイトも行った。10月はジャニフワで大阪へ日帰り、12月はエイト、ジャニアイ、そしてWESTでクリスマスは大阪へ。これが私の通常営業です。1月もジャニアイ、WEST。2月はWESTで名古屋へ日帰り。

12月頃からSPIの勉強に全く手をつけてないことに少し焦る。でも、そんなことより現場!!学校の授業で手一杯!と自分に言い訳をしながら、結局2月2周目あたりからSPIの参考書をようやく開く。私本当にSPIの勉強しなかった。一応簡単な問題集を一冊、一周した程度。でも、この程度の勉強で筆記で落とされることはそんなになかったように思う。でも、2社だけ筆記がダメだったのか…?と思ったのがあるので、できることなら早めにSPIの勉強をすることをオススメします(笑)

こんなわけで解禁前に就活をしたのは、夏のインターンシップ、2月からSPIの勉強、そして2月に1dayのインターンシップに1社だけ参加しました。あと、大学の説明会にはちょこちょこ参加したくらい。
それくらいです。この調子であっという間に3月に突入。



【3月、就活解禁〜説明会&セミナー漬けの毎日〜】
私が志望していたのは金融業界。"金融業界はスタンプラリー"と聞いていたので、とにかく説明会&セミナーにたくさん行った。毎日何かしらの説明会&セミナーに足を運んだ。1日に2社はしごすることもしばしば。とにかく動き回っていました。とはいっても、土日の説明会&セミナーは行かなかった。土日は休むか、必ずバイトをしていた。私はバイトが息抜きになったので、就活中も続けて良かったと思っている。というか、こんなに現場行ってて、バイトしないとお金がなくなる(笑)
あとは、1度キャリアセンターに行って、今後よくES(エントリーシート)で書くことなる自己PRとガクチカ(学生時代に力を注いだこと)を自分で書いてみて、添削してもらった。

現場は、ジュニア祭りに2回行った。



【4月〜説明会&セミナー&ES提出&面接、もう大変〜】
私は4月が1番忙しかったように思う。説明会&セミナーに毎日足を運びながら、ES提出締め切りに追われる日々。webテストもやらねばならない。そして、こんなにも説明会&セミナーに参加すると、なんとなく自分はこういう仕事に魅力を感じてるのか、とわかってきた気がした。志望度が高い企業のESは、またキャリアセンターで添削してもらった。実は、添削してもらいながら、なんか上手くES書けない…と落ち込んでしまった。落ち込むの早いぞ自分。
4月は8社くらいにESを提出した。そして、早い所は4月後半から面接が始まった。あと、キャリアセンターが開催していた面接練習を予約し、2回参加した。面接練習をやって、少し自信がついたから、これはやってよかったなと思った。結果的に、4月に面接をした会社は2社あるのだが、どちらも通過できた。

現場は、急遽お友達に誘われて、滝沢歌舞伎に行った。(軽率)



【5月〜意外と暇〜】
5月は説明会&セミナーに行くこともかなり減り、面接に集中した。ESは4月にいっぱい出したので、3社くらいしか出してない気がする。面接は基本6月から解禁なのだが、意外と5月から面接を始める企業も多い。5月から、3社面接が始まった。4月から受けていた企業も進み、5月は計8回面接した。
なんと恐ろしいことに、私は5月に1回だけしかセミナーに足を運ばなかった。今思えば、ここでもう少し新たな会社の説明会やセミナーに参加しておけば良かった。この後悔の原因は後に詳しく説明する。
面接は、実は上手く行っていた。だから、私は今選考受けているところのどこかしらで決まるだろう、と安易に考えていた。一次で不合格は1社、それ以外は二次に進み、最終までこぎつけたのが2社。

実は、初めて受けた面接の会社から5月後半、内々定を頂いた。正直、そこは練習で受けたつもりでやりたい仕事ではなかったし、親や親戚、パートさんにもそこで働くのを反対された。だから全然気は抜けなかった。でも、なんかこんなにポンポンと上手くいってしまってて、「あれ?意外と就活ってそんなに大変じゃない…」と思ってしまった。だかしかし、後に私は痛い目を見る。

現場は、実はじわじわとハマり始めていた志尊淳くんの舞台に1度足を運び(まさかの就活中に新たな出会い)、安田くんの舞台「俺節」にも行った。
あと、ゴールデンウィークは就活が何もなかったので、クリエに足を運び、2日間当日券に並んでみた。外れたけど(笑)ジャニオタのお友達にも会えて満喫したゴールデンウィークだった。



【6月〜人生最大の絶望を味わう〜】
6月、面接解禁。とは言っても、私は5月からそこそこ面接を受けていたから、特に解禁したのか、とは思わなかった。1周目、週に5回面接。新たに面接が始まった会社は4社。
実はさっそく私はミスを犯す。6月になって初めての面接、気合を入れて会社に足を踏み入れた。だかしかし、私はどうやらwebテストを受け忘れ面接を受けられなかった。ばーーーか自分!でも、正直そんなに志望度が高くなかった会社だから、まぁいいや、と思っていた。

とある会社の面接にて、私は始めてかなり落ち込む。かなり自己PRを深掘りされ、あたふた。ちょっと怖い面接官だった。撃沈。
そして、こんな目にあった翌日。実は私が1番行きたい会社の最終面接だった。切り替えたつもりだった。特に落ち度はない面接をしたつもりだったから、行けると信じていた。

しかし、この会社から連絡はこなかった。人生最大の絶望を味わったの、ここです。正直、最終まで進んだし、もうこの会社に決められると思っていた。最終でも不合格になることはある、油断をするな。過去の自分に言い聞かせたいです。人生そんなに甘くないぞ。

もうすっかり自信を無くした私。その後1社だけ面接があった。ここが通過しなかったら持ち駒がゼロに。次は失敗したくない!と思い、私は気合を入れた。しかし、空回り。自分を良く見せようと考えながら面接をしてしまった。人事はわかるんですね、そういうの。

こんな目にあいながら、大学のゼミで自分の発表があるので、その準備もした。そして、こんな目にあってる最中、初めてのNEWSコンへ。怒涛のスケジュール。

でも、NEWSコンへいって本当に良かったと心の底から思っている。すっごいはしゃいだし、この時間だけは、現実逃避して嫌なことを忘れられた。NEWSコンの最後の曲で大号泣した私。落ち込んでいる自分の背中を押してくれるような、大好きな曲だった。「UR not alone」。私は本当にこの曲に励まされた。

怒涛のスケジュールを終え、ついに持ち駒がゼロに。自分の今の状況やばいって身に染みたある日、一日中家で落ち込んだ。ずっと泣いた。朝・昼とご飯を抜くくらいに落ち込んだ。この日から急激に食欲が無くなった。そして、この日は一日中これからどうするのかを考えた。そして、至った結論。

「7月まで就活を続けよう」

本当は6月中に終わらせたかったけど、それは諦めた。早く終わらせたら勝ちって訳ではない、納得いく会社に決めることが勝ちなんだと思った。
そして、今からでも説明会を開催している会社を探した。意外と多くの会社が今からでも選考をしていることに気づく。6月2周目から、6社説明会に足を運んだ。

決断し、まだまだ頑張ろう、と切り替え、久々に説明会に足を運んだ日。
説明会後、私のスマホに着信履歴があった。なんだろう、と掛け直すと、それは過去に受けていたとある企業(ここではA社と呼ぶ)からの電話だった。

「最終面接のご案内をしたいのですが。」

かなり驚いた。もうダメだと思っていたから。もちろん、与えられたチャンスは逃すまい、と最終を受けることに決めた。

そして、翌日。また、ESでダメだったのかと思っていた会社(ここではB社と呼ぶ)から面接の案内メールがきた。持ち駒が2社になった。希望の光が見えた瞬間だった。

私はやはり最終で不合格だったトラウマがあるので、その2社がダメだった場合も考え、説明会には引き続き参加した。

6月3周目、久々の面接(B社)。気持ちを切り替え、自分らしく話せた。その会社からは通過連絡がきた。(しかし、二次止まり)

6月4周目、最終面接(A社)。もう失敗したくない、と思い心して挑んだ。手応えを感じた。

そして、A社から、最終を受けた当日に内々定の連絡を頂いた。やっと報われた。肩の荷が降りた。そして、これにて私の就活が終わることとなる。

現場は、先ほど挙げたNEWSコン。あと、また安田くんの舞台「俺節」を観に行った。


【やって良かったこと】

・支店訪問
金融業界に限った話なので特定の人にしか参考にはならないが、私は面接を受ける前に必ず1度
は支店訪問をした。そして、面接で志望動機を話す際に、支店訪問で感じたことを話していた。支店訪問の話をすると、面接官の反応も良かった気がする。だから、当初は面接が上手く行っていたと思いました。志望度が高いところは、大きい店舗と小さい店舗に行き、2回訪問した。

・大学のキャリアセンターを利用した
添削してもらったESは2社だが、その2つはESが通過したし、添削してもらうと、なんとなくこう書けばいいのか、とわかってくる。その後は添削してもらわなくても、ESで落ちることはなかった。面接の練習も自信に繋がった。

・たくさんプレエントリーした
もう、金融業界はほぼプレエントリーしたのではないか?と思うくらいにプレエントリーしました。(大げさ)たくさんプレエントリーしたらメールいっぱいくるし訳分からなくなるんじゃない?と思うかもしれませんが、私はたくさんやって良かったと思いました。その、持ち駒がゼロになったとき、過去にプレエントリーした企業から今からでも説明会をやってたり、ESを受け付けていたり、という情報がそこそこ来ました。それで、持ち駒が増えたので、絶望から少し解放されました。


【やれば良かったこと】
・SPIの勉強をもっと早くから始めればよかった

理想は、12月から始められるとよかったと思っている。

・5月も説明会に参加すればよかった
ご覧の通り、私は油断をして結局1度持ち駒がゼロになった。5月にも説明会に参加していれば、持ち駒がゼロという状況は免れただろう。面接をしながら、ほどほどに説明会にも参加するのが理想。

・自己分析
私が上手くいかなかったなと思った面接は、かなり自分のことを掘り下げられた時。ある経験に対して、この経験で1番大変だったことは?どうやってそれを乗り越えたの?何が1番嬉しかった?何に気をつけてそれを取り組んだの?とかあらゆる方向で面接官は質問してくる。もっと自己分析をしておけば、スムーズに答えられたかもしれない。

・他の業界にも目を向ければ良かった
私は、そこそこ給料も良い、福利厚生がしっかりしてて残業も無さそう、女性が活躍している、人と接する仕事だから、接客が好きな自分に合っている、とかなり好条件だったので金融業界だけを見ていました。でも、もしかしたら他の業界に目を向けたら、もっとやりたい仕事に出会っていたかもしれないと思った。最初からこの業界だけ!って絞らずにもっと広く見ておけば良かったかな〜と思います。

【ジャニオタで良かったこと】

・スケジュール管理能力
やはり、ジャニオタはいつが現場、いつが当落、いつ振り込み、いつCD・DVDが発売、など膨大なスケジュールを常に管理しているので、その経験が役立ったのかとも思う。就活は、いつまでにES提出、webテストをやる、この時間帯が空いてるからこの会社の説明会に行く、この時間帯で面接を入れる、とか、日々のスケジュール管理がかなり大事!

・行動力
たくさん説明会に足を運んだり、支店訪問に行ったり、積極的に行動できたのは、すぐ遠征に行ったりコンサートに行ったり、そういう行動力が役立ったと思っている。

・文章力、思いを伝える力
私は日々Twitterや、たまにこうやってブログを書いたり、自分の思ったことを文章にしている。こういう経験は、ESで文章を書いたり、自分の思いを伝える必要がある面接で、多少は役立ったのかと思う。

・辛い時はジャニーズのことを考えて頑張れる
なにより、これに尽きる!!辛い時は、ジャニーズの曲を聴いて元気をだし、たまには現場に足を運んではしゃいで現実逃避!!〇〇くんかっこいい〜♡と考えている時間が1番楽しい。私はジャニーズが生き甲斐なので、生き甲斐であるジャニーズのことを考えるだけで就活を頑張れたと思っている。


以上!長くなりましたがいちジャニオタの就活日記でした。自分の就活が成功したとは思っていませんが、この日記が少しでも誰かの役に立てることになると嬉しいです!

それでは、私は夏も元気に楽しく現場へ!!🌻

君たちがKING'S TREASURE〜Mr.KING、HiHiJet、東京B少年公演

行ってきました〜🚀✨


備忘録として感想を書いていきますが、本当にただの個人的な日記ですので、感想に偏りがあります。ご了承下さい。
私は7/20と7/24昼に行きました!ちなみに、MCの感想は書くと文量がやばそうなので省略します!ごめんなさい!

去年と比べてEXシアターがパワーアップ!そして開演前に平野紫耀くん主演映画「honey」のメイキング映像が流れました。赤髪紫耀くんに鬼キュン♡した後、いよいよ開演!


KING一人一人の声が聞こえた後になんとジュニアマンションのような大きなセットに乗って登場!中心にMr.KING、上にハイハイ、下にB少年。


1.OH!サマーキング
大きなセットに乗ったKINGたちの華々しさと輝き。まっ…まぶしい〜〜!!(涙)そしてなんと!!その大きなセットが途中で前にせり出してきます!!ち、ちかい〜!!(涙)
この華々しさ、なんだかジャニワを思い出しました。登場からこんな素敵なものを見せてくれてありがとう。中心で歌うKINGの帝王感がすごかった。輝きがすごかった。ドセンで歌う紫耀くんがかっこよかった…。そしてサマーキングを歌ってる時の藤井なおきくん、キラッキラ笑顔で踊ってる姿が眩しかった…藤井なおきくんはスーパーアイドル。

2.スペースジャーニー
大きなセットからステージに全員降りて、みんな横一列に。来ましたスペースジャーニー!!今年のサマステの公式テーマソングです🚀✨ジャニーズの横並びってオーラがすごくて横一列に並んだだけでもう、、感無量でした、、、(涙)そして私はスペースジャーニーを毎日聴くくらい好きなのでついに生で聴けた!!と感動が止まりませんでした。

3.サマーステーション
4.HO!サマー
5.Sha la la☆Summer time
今年はバルコニーが繋がって会場が一周できるようになりました!!この3曲でメンバーたちが外周します。
〜ちなみに、7/20はTravis Japanの宮近くん、しずやくん、七五三掛くん、中村海人くんが見学に来ていました!私は見学席の前が通路になっていることにここで気付き、紫耀くんたちが見学席のところに来た時は、もう本当にびっくりしました…!!私はこの日後ろを振り返ったらすぐ見学席!という場所にいたのでもう心臓がギューーーンッ!ってなった!KINGの3人とトラジャの絡みが間近で…!紫耀くんがトラジャのお膝の上に座ったり、きゃっきゃしてた〜♡

6.Celebration!
この曲でステージ上に全員戻る。全員で踊る姿が華やかで眩しかった。
紫耀くんが金指くんにマイクを向け、「Come on everybody Let's go!」のセリフを金指くんが!金指くんを見るときの紫耀くんがとてもニコニコしててかわいかった…。


☆セリフメドレー

Mr.KING
7.luv Sick (平野紫耀セリフ)
冒頭に紫耀くんの「are you luv sick?」低音セリフ。やられた…。このセリフを言う紫耀くんボイスを永遠リピートで聴いていたい……。
8.恋のABO(高橋海人セリフ)
「youたち、何型?」のセリフ。さすがNEWSが大好きなかいとくん♡
9.好きやねん、大阪。(永瀬廉セリフ)
「好きやね〜ん!」のセリフ。エイトの曲を選んでくれたれんれん(涙)

〜東京B少年(Mステメドレー)〜
10.BYAKUYA
那須くん「BYAKUYA 」のセリフ。歓声がすごかった。那須くん人気だな〜と驚いた瞬間でした。
11.僕はVampire
金指くん「僕はvampire」のセリフ。会場中が( ´ ▽ ` )←この顔してたと思うんだ( ´ ▽ ` )少なくとも私が金指くんを見るときの顔はこの顔です( ´ ▽ ` )
12.Sexy Zone
龍我くん「Sexy rose」
13.Come on a my house
大昇くん「Come on a my house」
14.喜びの歌
藤井直樹くん「止まらねぇ!!」
15.Love situation
浮所くん「チカヅキタイ」
16.HiHi Jet
みんな大好きハイハイジェ〜〜〜ッッット!!!!!


Mr.KING
17.二人の花(平野紫耀&永瀬廉)
関ジャニ∞の大倉丸山のユニット曲。この曲をしょうれんで歌ってくれるなんて(涙)去年のアメフリレインボウに引き続き、関西の曲を歌ってくれるしょうれんに乾杯。
最初、れんれんが上手、紫耀くんが下手、それぞれ階段のセットで歌う。もうこの光景が、もう…………。シンメ大好きな私にはたまりません…。
間奏では、ステージ中央でガシガシと踊る2人。目が釘付けになりました。思い出すだけで胸がアツくなるくらいにここのダンスが良かった………。

18.Mr.jealousy(高橋海人)
海人くんソロ!!瑞稀くんと猪狩がシンメ的な感じで海人くんの周りで踊る姿が超かっこよかった。もちろん、中心で踊る海人くんも超かっこいい。

19.紅い花
20.CHANGE THE WORLD
この2曲は以前少クラで披露した曲。少クラで何度も見てたこの2曲を、ついに生で見れて胸がいっぱい……。本当にかっこいいです(;_;)

MC(HiHi JetとMr.KING

☆Hi Hi Jet
21.Yes!
高橋ゆうとくんのセリフで会場中が「ギャー!!」ってなってた記憶。腰振りあるしおエロい曲。HiHiのイメージを覆された瞬間でした…。
22.バンビーナ
高橋ゆうとくんのセリフ「もっと感じさせてやるよ」。いやこんなこと言われちゃったら鼻血でるよ。該当担の人の安否を心配した私です。もし紫耀くんがこんなセリフを言ったら………想像だけで汗かいてきました…。

ちなみに、Yes!とバンビーナは猪狩抜きの3人で歌ってました。猪狩センパイもやってくれよぉぉぉ!!!

23.ララリラ
ここで、猪狩センパイ登場しました!!あとはバックのJr.と浮所くんと金指くんも登場。浮所くんと金指くんがローラースケート履いてて驚いた。
ローラースケートを履いたみんなは、猪狩を先頭に繋がってぐるぐるする。みんなで繋がってぐるぐるしてるのがめちゃくちゃかわいかった……!!

Mr.KING
24.See you again(Mr.KING
ペンラを使った演出。最初ずーーっと白にしてて、いつになったら色変えるの?と思いながら聴いてました(笑)後半のサビでやっとポチッと色を変えたらその後4拍ごとに色を変えて行くもんで、途中色変えるのついていけなくなったら割と大変です(笑)

この曲の後、Mr.KINGそれぞれの昔の写真がモニターに映るコーナーが入ります。そして、懐古メドレーへ!

☆懐古メドレー(Mr.KING
25.Black&White(平野紫耀
イントロ流れた瞬間、開いた口が塞がらなかった。この曲を踊る紫耀くんが大好きで、少クラの映像を何回も見てたので……まさか生で見れる日が来るとは(涙)ガシガシ踊る紫耀くんが本当にかっこいいんです(;_;)

26.Bass go boom(高橋海人)
正直、この曲は知らなかったので、ライブ後にちっちゃくて高い声の海人くんが歌ってる映像を見ました。これは該当担の人は激アツですね……!!

27.ムラサキ(永瀬廉)
黒髪になったれんれんが歌うのがまた良いですよね…。

28.FLYING BIRD
正直この曲も知らなかったのですが、爽やかで良い曲……。ライブ後に過去の少クラの映像を見ました。NEWSの曲だと後で知った私。NEWSどんだけ名曲を隠し持ってるんだよ……。(決して隠している訳ではない)(私が無知だっただけ)


Mr.KING
29.愛は味方さ
30.愛 Love You(永瀬廉&高橋海人)
タカツキング(村上信五)の曲!!!エイトのライブ空間みたいで楽しかった(笑)
「俺に抱かれたいのは誰だ〜?」
「キング〜!!」
のレスポンスをまさかここでできるとは…!(笑)
この曲では2人が途中でバルコ通ってぐるっと会場を一周しました。

MC(東京B少年とMr.KING

☆HiHiB少年

31.SUPERMAN(東京B少年)
32.Boys Don't stop(東京B少年)
33.HiBHiBDream(HiHiB少年新曲)
ハイビーの新曲、とっても楽しかった!!「ハイッハイッハイッ!」「ビッ!ビッ!ビッ!」の掛け合いがかわいい!!!

Mr.KING
34.FORM(永瀬廉)
北山宏光のソロ曲。バックにJr.とハイビーもいたかな?とてもかっこよかったです。去年は藤ヶ谷太輔のソロ曲だったしキスマイ兄さんが大好きなれんれん。

35.LOVE SONG(平野紫耀
去年は山PのLOVE SONGを歌い、今回は赤西仁のLOVE SONGを歌うって思考がイケメンじゃないですか……?中央の階段のセットで歌う紫耀くんは王子様でした…。綺麗なお顔…綺麗な歌声…と心の中で泣いていた私です。この曲はモニターにずっとイラストが映るんですけど、最後に「作・高橋海人」の文字が。最後にトドメを刺されたこの感じ………しょおかい……(涙)

36.RUN FROM YOU(平野紫耀&高橋海人)
これまたシンメ大好きな私にはたまらない。もう2人の息ぴったりでしたね。しょおかいのガシガシ踊る姿が大好きです(;_;)
そしてこれは山Pの曲らしい。ちゃんと今回も憧れの山P先輩の曲を歌う紫耀くん。

37.Alright(Mr.KING新曲)
しっとりした曲調だけどしっかりと踊るのが良い。Alrightのダンスは本当にかっこいい……。
そして7/21に「この新曲は僕たちが何曲も候補にある中から、何回も聴いて選んだ曲です。」とれんれんが言っていたとのこと。KINGが自分たちで歌いたいと思った曲。自分たちで選んだ曲。胸熱……………。
まず何曲も候補があるから選ぶって贅沢なことをしているKINGに驚きました。デビュー組に負けてない扱いを受けるKINGかっこいい………。

38.keep the faith
かっこよかった〜(;_;)ワイルドな曲もお似合いなKING!!!

39.GO!(全員)
バルコをぐるぐる。お手振り&ファンサタイム。

40.Share(Mr.KING
大きなセットに乗り、しっとりと歌う3人。歌詞が素敵…。
私が1番印象に残ってるのが「嬉しい気持ちもバレバレ 今日もハシャギすぎちゃってヤレヤレ」と歌う海人くん。なんで海人くんが1番印象に残っているのか自分で不思議です。海人くん、すごい良い顔して歌ってたんだよなぁ。もちろん、しょうれんもとても良い顔して歌ってました。あと、「ハレバレ」「ヤレヤレ」っていう歌詞のテンポ感が印象に残っているのかもしれません。
そしてこの曲がNEWSの曲だとライブ後に知った私。NEWSどんだけ名曲を隠し持ってるんだよ……。(2回目)

そして激アツポイントなのですが、れんれんがこの曲をKING3人で歌いたいと言ったそうです。
shareはNEWS6人時代に全員で作った大切な曲なんですね……そんな素敵な曲をチョイスした永瀬廉さん…好き…………(涙)

☆アンコール
41.スペースジャーニー
スペースジャーニーのイントロが流れてアンコールが始まるってもうアンコールのワクワクが倍増!!そしてバルコをぐるぐる。目が足りないって!!!そしてこのお時間は見学席との絡みが見れるのも最高。
〜7/24は金指くんの「きーらーめーく〜」のソロのときにKING3人が見学席の通路に集結してて、見学席のジュニアも全員立ち上がってKINGと一緒に「きーらーめーく〜」の金指くんのポーズの真似をしてたのが最高だった。かわいかった!!!!!!(;_;)

以上、これでライブは幕を閉じました!




実は、ジュニア祭りで見た時のMr.KINGに少し寂しさというか、違和感を感じていました。彼らの魅せたいもの、やりたいことってあるのかな……と。でも、今回のライブはジュニア祭りのときと全く違っていました。KINGの3人のこういうことをやりたい、こういう風に魅せたい、という熱意が伝わってきました。1つ1つのパフォーマンスが全力で、さらにパワーアップしたMr.KINGを見れた。
割と紫耀くんに一途だった私は、紫耀くんだけでなく、"Mr.KING"を好きになれました。紫耀くんだけを応援するのではなく、"Mr.KING"を応援したいと思いました。

余談ですが、私の家に紫耀くんソロ表紙の雑誌・キンプリが表紙の雑誌はあったのですが、Mr.KINGだけが表紙の雑誌は一冊も無いことに気づきました。Mr.KINGが表紙の雑誌、今までに何誌か発売してたはずなのに。自然と拒否反応が出ていたのでしょうか…。

でも今の私はMr.KINGを応援したい気持ちでいっぱいです!!家にMr.KINGが表紙の雑誌が一冊も無くて寂しいので、一刻も早くMr.KINGが表紙の雑誌を買いに行こうと思います!!🚀



次は9月のジャニーズYou &Meアイランド。そこでどんなMr.KINGの姿が見れるのか、紫耀くんの姿が見れるのか楽しみで仕方ありません!!

初めて行ったNEWSコンの素晴らしさを伝えたい②(NEVER LAND 6/11の感想)

初めて行ったNEWSコンの素晴らしさを伝えたい①の続きです。MC後からの感想です。

21.FOREVER MINE
まっすーのソロ曲!センステで歌う姿にもう釘付けでした。ネバーランドの世界にやってきてから、まっすーの歌う姿がかっこいいと気づいた私です。まっすーって歌声が美しいのはもちろんですが、歌っているときの表情が良い…そして体を大きく動かしながら歌う姿がステキ。魅せ方がとても上手で本当に、心の底からかっこいいと思いました(;_;)

22.Silent love
なんでしょう、この曲聴くとゾクゾクします!「言えなくて 言えなくて 〜」のサビの手越くんの歌声が大好きです(;_;)そして演出が大変素晴らしかった記憶があります!この曲あたりから目まぐるしい演出続きで見応えがすごかった!!

23.ミステリア
ミステリア〜♪もう、このメロディーが頭から離れません。コンサートが終わってから、アン・ドゥ・トロワと同じくらいメロディーが頭から離れなくて困りました(笑)そして演出が!すごすぎた!!炎が!!!ワーーーーッて!!出てたよね!?(記憶に自信がなくなってきた…)

24.BYAKUYA
圧巻でした。生で見るBYAKUYAの迫力。演出がすごい。そしてこの曲を歌ってるときのNEWS4人の存在感。センステで踊った後、Jr.を後ろに引き連れて中央のステージに向かって先頭を歩く4人がかっこよかった…。中央のステージに全員集まってまた踊り出すと、煙がウワーーッ!レーザー!炎!水!!なんて目まぐるしい光景。すごいものを見ているぞ私…。「これがBYAKUYA か…」と納得させられた。それくらいに物凄い光景でした。BYAKUYA とは?と聴かれたら、私は正に今日ここで見たBYAKUYA のことを説明しますね。ちょっとBYAKUYA のインパクトが強すぎて、意味分からんことを言っていますがソッとして置いてください。

25.さくらガール
BYAKUYA の世界観に圧倒された直後、こんな素敵な曲を(;_;)メリハリがすごい!さくらガールはもちろん知っていましたし、大好きな曲です(;_;)途中でピンクの紙吹雪が舞い、とても綺麗でした。

26.I'm coming
手越くんのギラギラした姿が!!刺激が強すぎるよね!?子供に見せちゃダメだよーー!なにこれ18禁だよね!?超絶エロい!セクシー!!こういうエロい曲をちゃんとそういう世界観で表現する手越くんかっこよかった…(涙)ベッドの上で歌うって…しかも基本ギラついた表情で歌っている手越くんですが、時折見せるニヤッとした笑顔…そのあとに舌をペロッとだしたり…やられた…。
やすくんとか流星がこういうセクシー&超絶エロい曲をライブで歌ってくれたら、もうかっこよすぎて好きが止まらなくなりそう…と妄想が膨らむばかりです…。会場中が悲鳴に包まれていましたね。思い出しただけで手汗が出てきました(笑)
私でさえこんなに大興奮なのに、手越担が見たらどうなっちゃうの!?と思い、即座に手越担の友人の安否を心配した私です。

27.BLACK FIRE
「トゥナーイ…トゥナーーイ」うおおおおおおお!!!I'm coming の世界観を崩さないまま、この曲に突入するのか…!素晴らしい…セトリが神です。完全にギラギラモードに入ってる手越くんをまだまだ見れちゃう!!会場のボルテージも上がりっぱなしです!ギラついた曲を歌う4人が本当にかっこいい…(;_;)

28.バンビーナ
この曲初めて聴きましたが、これもなかなかおエロい歌ですね!!衝撃の連続です!!I'm coming〜BLACK FIREからのこの曲って、セトリが神(2回目)まだまだ出してくるか…私の心拍数が上がる一方でした。

29.ANTHEM
この曲は良い曲だな〜と思ってたので、聴けて嬉しかった!ワールドカップの公式ソングですよね!これもまた力強い歌声で…。素敵でした(;_;)

30.チャンカパーナ
この辺からトロッコ(?)に乗っていたでしょうか??あんなにおっきくてピカピカしたトロッコに乗って、まるでエレクトリカルパレードネバーランドって夢の国(ディズニーランド)以上に夢の国だよ!!!!!と心の中で叫んだ私です。近くにNEWS4人がきて、きゃーきゃー言ってました。トロッコは結構ゆっくり進むし、途中でしばらく止まって、またゆっくり動き出す…。素晴らしいと思いました。わ〜!もう4人が行っちゃった…って感情にならずに、まだ居てくれる〜♡という気持ちになって良い。あっ、曲について全く触れていませんがチャンカパーナ好きですよ!盛り上がりますね!!

31.チュムチュム
この曲も続いてトロッコに乗っていました。チュム!ノリノリで踊りましたよ私!!チャンカパーナからのチュムチュム、NEWSのヘンテコソング続き最高です!!

32.渚のお姉サマー
この曲、聴いたことはありましたが、改めて聴くと本当に良い曲〜(;_;)ザ・夏ソングですね!この曲も私のiPodの好きな夏ソングのプレイリストに早く入れたい!!!「ナ・ナ・ナツゴコロ きらり」の歌詞通り、私の心もキラッキラ!!チャンカパーナ〜チュムチュム〜渚のお姉サマーってセトリが神(3回目)

33.weeeeek
大好きな曲!!!!!当たり前ですけどこの曲はライブで盛り上がりますね!!!そしてJr.たちがポンポンを持ってるのが可愛かった。最後、そのポンポンを使ってNEWSの文字を1つずつ作っていって!かわいい〜!!ハートも作っちゃって!!かわいい〜〜〜!!!!!♡

34.ポコポンペコーリャ
お??なんだこのヘンテコな歌詞は??とかなり驚きました(笑)でも超かわいい!ポコポーンペコーリャ♪のメロディーがかわいい!!
途中、まっすーのソロだ!と思ったら歌詞がパ行ばっかで歌うの大変そう〜でも歌上手いな…と改めてまっすーの歌声に惹かれた瞬間でした(笑)歌ってる本人達もとても楽しそうで、見てるこっちももっと楽しくなりました!!こんなヘンテコソングを隠し持っていったとは…(笑)

35.流れ星
綺麗でした。青っぽい紙吹雪の中、歌う4人の姿…。美しい…視覚的にも美しいのに、曲も美しい…。爽やかで明るい曲調で、歌詞も良い(;_;)
「そうさ流れ星、空を渡れ 輝きは未来の証です ずっと ずっと僕らの夢を繋ぐのに きっと願うから願い込めて この夢は光になるんです ずっと 遠く 遠く 届きますように」
思わず、サビを全部綴ってしまいました。なんて美しい歌詞なんでしょう…私の中でのネバーランドの曲ランキングトップスリーにランクイン。

36.U R not alone
この曲は、私が初めてネバーランドのアルバムの曲を一通り聴いて、1番に良い曲だなと思いました。じっくり全部聴いたらもっとこの曲が好きになりました…。そして、その日から今も毎日のようにこの曲を聴いています。それくらい大好きな曲です。私の中でのネバーランドの曲ランキング、堂々の第1位です。

超個人的な事情ですが、就活で心がやられっぱなしの私の今の状況でこれを聴くと、かなり心にグサグサきます。心に染み渡ります。辛いことがあったときに、これを電車の中で聴いてたら、本当に涙が溢れそうになって、その時は思わず聴くのをやめたくらいです。
こんなに大好きになっていた曲を、1番最後に生で聴ける。なんて幸せなんでしょう。4人の生歌が心に染みました…。
あと、ファンに歌わせるのずるい…泣くって…。

「確かな答えは何処にもないから探すんだ 恐れないで その足で迷って良い 何度も諦めるかって言えばいい」

こんなに広い東京ドームで、5万5千人で、こんなに歌えるんだ…と会場の一体感に震えました。なんてNEWSのファンってあったかいんだろう。そう思った瞬間でした。こんな素敵な空間に自分も混じれたことが本当に嬉しい。しかも、この大合唱を何度も、何度も繰り返して……。歌う度に感動が重なりました。歌う度に涙が止まらなくなってきて、自分の声が震えてきました…。そして、何度か会場全体で歌った後に

「あの日つまづいて しゃがみこんでしまうほどの痛みさえ」
「わきだして」
「かけだして」
「助走に変えて」
「「いけるように」」

ラストのサビ前の部分。手越くんの歌声から始まり、シゲ、小山くん、まっすーと続き、最後に4人で「いけるように」。
本当に素敵…………。会場全体で何度も歌って、さらなる感動を作り出してから、この部分を歌い始めるなんて…ずるいよ……。もう完全に私の涙腺崩壊。死ぬんじゃないかってほど泣きました。思い出しただけで泣きそう。

UR not aloneを歌い終わり、はけていくNEWSの4人。素敵な空間でした。そして、NEWSコールが始まり、4人がメンステから再登場!手越くんがすごい泣いてた(;_;)小山くんも(;_;)その姿を見て、こっちまでもっと泣いちゃうから(;_;)
4人並びながらバクステまで歩き、バクステに到着すると、マイクなしで「ありがとうございました!」との挨拶。
そして、またメンステまで歩く4人。4人が本当に眩しかった。たくさん辛いことがあって、この4人で乗り越えてきたんだなって…そして会場のファンのみんなで、誰が歌おうとも言ってないのにUR not aloneを歌った。

「例えばこの声が 届くならば誰でもいい 聞こえますか 胸張ってさあ叫ぶんだ 全部詰め込んだこの宣誓を 僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない 自分で決めた道のうえ 全てをかけて 笑えるように やり抜くぞ」

すごい、すごいよ…。突如始まるUR not alone。感激でした。NEWSのファンの温かさ…。こんなにファンに愛されてるNEWSが羨ましいし、こんなに素敵なNEWSのファンの人達が羨ましかった。

UR not aloneのことをかなり書き綴ってしまいましたが、お許し下さい。それほど素晴らしかったんです。

あと、この感想は私の記憶だけで綴ったので、演出とか書いてることが間違ってる部分もあるかもしれませんが、ご了承下さい。

このように、すっかりNEWSの虜になった私です。とりあえず、NEVERLANDツアーの映像化が決まったら速攻で買います。

後で知りましたが、このツアー、ファンの間では「夢国魂」とも呼ばれているんですね!これを知った瞬間、なんて素敵なんだろうと思いました。まさに、ネバーランドの世界は、夢のような世界でした。

今も、魔法がかかったかのように、この日の余韻が抜けません。こんな素晴らしいコンサートに連れて行ってくれた友人達に、感謝です。

初めて行ったNEWSコンの素晴らしさを伝えたい①(NEVERLAND 6/11の感想)

NEWSの曲はJr.が歌うことも多くて良く耳にするし、良い曲ばかりだな〜と思ってはいたのですが、NEWSの4人に今まで特に興味を示していなかった私が、初めてNEWSコンにお邪魔してすっかりNEWSの虜になってしまいました。
そしてなんと、初めてのNEWSコンがNEVERLANDツアーのオーラス、東京ドーム6/11。なんと贅沢なんでしょう。
コンサートの前に友人にアルバムを借りて、NEVERLANDの曲は予習済みでした。まず、このアルバムの曲を聴いた時点で、良い曲ばかりでワクワクしていました。

前置きはこの辺にして、さっそく当日の感想へ参ります!

黄色く光るカギのペンライトが急に消えて(制御すごい!!と感動)いよいよ開演!映像を挟んでから、汽車がメンステからやってきました。素敵…!あれ!NEWSはどこからでてくるの?ええっ?どこどこ?と焦らされるくらいの時間を使って中央のステージからNEWSがいよいよ登場!この焦らしプレイ、嫌いではない。寧ろ好き。

1.NEVERLAND
はぁ〜〜〜!ついにキタ!!ずっしりとしたこのサウンド。まさにネバーランドの世界の始まりに相応しい曲。もう、炎!水!煙!!最初から色々と飛び出し、迫力満点。この曲の時点で、これが演出に拘るNEWSのコンサートか…と圧倒されました。

2.アン・ドゥ・トロワ
かわいい!!とにかくかわいいです!!!確かこの曲だったと思うのですが、最初にバクステで4人がぎゅーーって固まって歌ってたのがかわいすぎました…会場中がきゃーきゃー言ってました(私も言ってました)あと、1・2・3って指で簡単にできる振り付けもかわいい!私もノリノリで1・2・3って一緒にやりました。この曲は、コンサートで聴いてとても大好きになりました。「踊りましょアン・ドゥ・トロワ♪」のメロディーが頭から離れません。

3.EMMA
テレビで見たことはあった曲ですが、実際生で見るとすごい…ジャケットプレイ!!かっこよかった…。私、腰振りがある刺激的な曲が大好きなのですが、これはもう私の中での腰振りの概念を超えてしまったと言いますか、なんだこれ…という気持ちで見てました(笑)

4.KAGUYA
これもシングル曲で知っている曲だったので、聴けて嬉しかった!すごい腰振り(EMMA)を見てからのKAGUYAだったので、少し免疫がつきました(?)KAGUYAもセクシーで素敵な曲ですよね!セクシー続きで最高!

5.恋祭り
この曲は恐らく今日初めて聴きました!花火の演出があったり、まさにお祭り気分!夏らしい曲調で、タオルを回して(私はペンラを回して)盛り上がるしとても良い曲ですね!!こういう曲大好きです(;_;)この曲を早くiPodに入れて何度も聴きたい、と思うくらい好きな曲でした!!絶対iPodに入れます!!!

6.D.T.F
この曲も初めて聴きました!「D.T.F!」って文字を体で表す振り付けを会場中みんなでやっていましたが、初めての私は「なんの文字をやっているのだ??」という気持ちでした(笑)でも明るくて盛り上がるし良い曲だな!と思っていました!

7.4+FAN
この曲も初めて聴きました!「Hey!」や「Wow〜♪」の掛け声がとても盛り上がる!!会場の一体感の中に私も混じれて、とても楽しかった!

8.あやめ
シゲのソロ曲。中央のステージでヒラっとした衣装を纏い、しなやかなダンスをするシゲ。ミュージカルを見ているかのようでした。こんなダンスも出来るのか…と感心しました!Jr.たちもしなやかなダンスでシゲを引き立てていた。途中、シゲがクレーンのセットを登りだしてびっくり(笑)最後はメンステだったと思うのですが、そこでJr.たちが固まって一斉に手をヒラヒラさせる動き(伝われ)が、異様で独特。なんとも不思議な「あやめ」の世界観に引き込まれました。

9.Brightest
とても良かったです…。私はこの曲、けっこうサビよりもAメロの早口なメロディーが好きで…まっすーの歌声が鮮明に頭に残ってます。「止められない もう止めたくない 祈りがチャンスにかわれば叶えたい be my baby」←ここです!!そして特に最後の「baby〜♪」が大好きです。

10.シリウス
出だしから心を掴まれました…。手越くんの力強い歌声が突如始まるんだから!!
「このまま時を止め 夢のままいられたら 結ぶ星座のように 君をずっと離さない」
いい歌詞ですね(涙)なんて良い曲なんでしょう…。グッときました。この曲、どこかで聴いたことはありましたが、生歌で聴いてかなり感動しました。

11.Snow Dance
「この夜に抱かれて 君とLet's do the snow dance」って6月なのに思いっきり冬の曲を歌うの面白い(笑)でも良い曲だったなぁ〜!

12.スノードロップ
正直あんまり覚えてない…(涙)iPodに入れます!!

13.Touch
この曲は知ってましたよ!もうすっごくかわいいですよね!この曲を歌って踊るNEWS見てると、NEWSがたまらなく愛しくなります!!特に、最後花道をJr.とNEWSが横並びになってニッコニコの笑顔で踊ってたのがかわいくてかわいくて…。まっすーのキラキラ笑顔が忘れられない。

14.ニャン太
小山くんが途中で泣いちゃった。え!?これ泣く曲なの!?なんで!?ってなりました、びっくりしました(笑)今は亡くなってしまったけど、飼ってた猫のことを想って作った曲なんですね!

15.恋を知らない君へ
この曲大好きです…生で聴いてもーーーーっと好きになりました。なんて良い曲なんでしょう…。4人が力強い声で「嗚呼 あなただけは消えないで〜」と歌ってる姿だけでもう、泣きそうになりました。そして余談ですが、この前の少クラで平野紫耀くんが好きな夏の曲に恋を知らない君へを挙げていたので、もっとこの曲が好きになっていました(単純)

16.フルスイング
恋を知らない君へからの、フルスイングはずるいって…。泣きました…「立ち止まっていたとしたって ここで終わりじゃなくて」こんな素晴らしい歌詞のサビが冒頭にドン!とくるなんて、いきなり心掴まれた。思ったけど、シリウスも冒頭サビから始まりますね!いきなりサビがくる曲は良い曲、という持論を発見しました(?)

17.恋のABO
いや〜なんて楽しいんだろう!もちろん知ってますよ!!ライブで盛り上がりますね!!これからもずっとライブで歌い続けて欲しいです!!

18.サマラバ
夏の曲〜!!(;_;)爽やかで良い曲ですね!6月とはいえ、外も暑いですし私の中で夏は始まっていたので、「夏に夏の曲が聴けてよかった!!」と全力で言いたい。
私はsummerの曲loverなので、私のiPodの好きな夏の曲プレイリストに追加しておきます!!(うまいこと言ったつもり)

19.NYARO
この曲は以前テレビで歌っていたのを見たことがありました。その時からかわいくて良い曲だな!と思っていたので生で聴けて嬉しかったです。サビで繰り返される「NYARO!」がかわいくてかわいくて…!とても明るくて聴いててとても楽しいし盛り上がりますね!!この曲は早急にiPodに入れて毎日聴きたいです!!!それくらい大好きな曲です!!!そういえばこの曲も夏っぽい!夏の曲かな??

20.ORIHIME
今回のアルバムの曲の中でトップスリーに入るくらい好きな曲です!「願って 願って〜」と手越くんの綺麗な歌声から始まるのも良いし、その後に「そうだって わかって〜」とまっすーの綺麗な歌声が続く…なんと素晴らしい!そして「キミは銀河へ舞い上がった〜」という美しいサビ。良い曲〜(;_;)しっとりした曲調ではあるけど明るい曲なのが良いですね。
サマラバ〜NYARO〜ORIHIMEの流れ最高…。セトリの組み方が上手で泣ける。


次はMCですが、バクステで曲を歌い終えて、そこからメンステへ4人が喋りながら歩いていくのが良いですね!良いなと思うポイントおかしいかな?(笑)
サラッとMCの感想。一言で言うと、シゲがメンバーに愛される優しい人だということがよくわかった。会場全体でシゲをいじるの楽しかったし、まさかのあやめいじり(笑)3人で歌ってる中、たまに遠くから見てるシゲがモニターに映るのが面白くて(笑)
やはりeighterな私としては、MCの面白さはエイトに勝てないだろ?と思っちゃってましたが、いやいや、NEWSの笑いセンスすごいな!?と思うくらいに死ぬほど笑ってたMCでした。大掛かりなコントを見せてくれてありがとう。
あと、今日のMCでやるためだけに、3人であやめの練習をしたのかと思うと、愛しくてやばいです!!(笑)


こんなにいっぱい文字を打ってまだMCまでしか感想が書けてない!?と驚いている私ですが、続きは初めて行った「NEWSコンの素晴らしさを伝えたい②」でお会いしましょう!
これから書きます!

私が安田章大を好きな理由(安田章大の魅力とは)

かなり前に、安田くんを好きになったきっかけを書いたのですが、今度は安田くんを好きな理由を書こう!と言っておきながらずっと放置していました…(笑)下書きにちょこちょこ書いていたのですが。

最近、安田章大くん主演の「俺節」を観に行き、自分の中でまた安田章大熱がヒートアップしてきたのでやっとこの記事を書き切ろうと思いました。俺節は大変素晴らしい舞台だったので、千秋楽を迎えたらまた俺節の感想は別記事で書こうと思っています。

 

さあ!今回の記事では、安田くんにハマった2011年頃から2017年の今現在まで、私がずっと安田くんのことを好きな理由について書いていきます!

 

前回の記事で、散々安田くんのソロ曲の素晴らしさについて書きました。まずは、それが彼の魅力の1つです。

では、私の安田くんの好きなところ、いってみましょう〜〜〜!!!

 

1.歌声

安田くんって普段話す声が、普通の男性より高めの声じゃないですか。その高めの声が、歌声となると、とても良い味を出しているんですよね。(もちろん、話すときの声もかわいくて大好きです!)

安田くんは高音域で歌えるので、上ハモを歌うことが多いです。エイトの楽曲に彼の上ハモがのっかることで、歌に厚みがでてその歌がよりよいものになっていると思うんです。もちろん、下ハモを担当することが多い大倉くん、丸ちゃんもいてのことだとは、わかっています。でも、上ハモだから耳に入りやすいのかもしれないし、私が安田くんの声を意識的に聴いてるからなのかもしれないのですが、安田くんの声ってすごい存在感を放ってると思うんです。

安田くんの上ハモがよく聴こえる曲は「TWL」「愛でした。」「ココロ空モヨウ」「オモイダマ」「 罪と夏」あたりでしょうか。この曲たちは、彼の上ハモで歌に厚みがでているな〜と感じますね。

あと、「ゆ」という関ジャニズムのアルバムに入ってる曲。この曲は安田くんの上ハモがすごく良く聴こえてきます。曲調もかわいくてポップな曲なんですよ〜〜〜!ゆ!ゆ!って曲中に言ってて可愛いんです。しかも!この曲は作詞渋谷すばる・作曲安田章大なんです!もうこの曲が安田くんにぴったりすぎて、これは安田章大のための曲なのでは??とまで思ってしまっている私です。

あと、「宇宙に行ったライオン」というFIGHTのアルバムに入ってる曲。この曲は、やすくんの高い歌声に関心します。「遠くへ」ってずっと歌ってるんですけど、なかなか音域が高いです。彼にしかこのパートは歌えないんじゃないかと思います。ちなみに、この曲は先日のメトロックでもやっていました!やったね!!☆

ここまで安田くんの歌声の解説みたいになってしまいましたが、私が好きなのはちょっとクセがあるんだけど優しくて柔らかい歌声って言うんでしょうか…歌声の良さを言葉で説明するのは難しいですね(笑)とにかく安田くんの歌声が大好きです!!

 

2.ちっちゃくてかわいい見た目、そして天然なところ

とにかくやすくんってかわいい。身長は164.5センチ。ちっちゃ〜〜〜い!もうサイズ感からしてかわいいです。顔は目がおっきくてクリクリしてる。そして目がキラキラしてる。この世の悪をまだ何も見ていない子供のような、純粋な目。くしゃっとした笑顔。目が細くなって、目尻にシワができるほどのくしゃっとした笑顔。

f:id:jwesttan:20170216063224j:image

この笑顔ですよ!みなさん!!!!!!!

そして、ちょっと曲がってる鼻。完璧なお顔立ちとは言えないところもまた良い。そしてちっちゃいお手手!やすくんって手もちっちゃいんですよ!

f:id:jwesttan:20170216063812j:image

なんだこのサイズ感!女子か!くぅ〜〜〜っ!たまらない!

 

そしてこんなかわいいサイズ感をもつやすくん、内面もかわいいんです(;_;)天然なところがかなりあります。言い間違えとか特に多いです!(笑)

レコメンをレコモンって言ったり、カタツムリをカタツモリって言ったり…(笑)ちょっと書いていったらキリがないので

https://matome.naver.jp/m/odai/2137535794214894801

↑まとめの記事を是非ご覧ください(笑)

 

3.ギターを弾く姿

やすくんはギターを弾くのが上手なんです。ギターを弾いてる姿はやすくんっていうより、安田!!っていう感じです(笑)男らしいんですよ…。たまに目をカッと見開いた表情とかして、かなりオスな部分が見れます。私は特に金髪サラサラストレートの髪型のやすくんがギターの手元を見ながら、髪を揺らしながら演奏する姿がたまらなく好きです。そんな普段の可愛らしい姿とのギャップを見せつけてくる安田章大さま、なんて素晴らしいんでしょうか…。

私は「象」「愛でした。」「イエローパンジーストリート」あたりのギターが好きです!まぁ、正直、バンド曲ならやすくんのギターを弾く姿が見れるので!いっぱいありすぎてどの曲のギターが好き!っていうのはあんまり思いつきません!(笑)

 

4.踊ってる姿

はい、もうダンスもとても上手なんですよね。歌も上手、ギターも上手、ダンスも上手、アイドルとして完璧すぎます。体はちっちゃいけど、ダンスしてる姿は目立ってて、大きく見えるというか…。私は「ブリュレ」「Dye D?」「Black of night」あたりを踊るやすくんが好きです!はい!きました!Black of night!!この曲は安田章大さまの才能がもう溢れかえってます。この曲は!なんと!!!安田章大全面プロデュースの曲です!!!!!!!作詞作曲だけでなく、MV、衣装、演出など全てをやすくんが考えました!素晴らしい!そしてこの曲には、人の息の音、水の音、心臓の音が入っているとこがポイント。こういう自然や体の音を使うことで聴いてる人をヒリヒリとした感情にさせたかったんだとか。こういうとこ、とてもやすくんっぽくないですか?人が好き、自然が好きなやすくんだからこそ、こういう音楽を生み出せるんだな〜と思います。安田章大の才能に平伏しました。

あれ、踊ってる姿の魅力の話なのに気づいたらまたやすくんの楽曲の解説に………(笑)

 

5.考え方

やすくんって独特な世界観を持っているんですよね。なんだろう。普通の人とは物事の見方が違う。日常の、なんでもないありきたりな事に感謝するところとか。朝起きて太陽の光を浴びる事に幸せを感じちゃうみたいな。太陽が昇る。大地!海!空!自然に感謝を。みたいな。彼、海が大好きなんですよ!ダイバーの資格を持っているほどです。沖縄が大好きで、よく行くそうです。「クリスマスに欲しいものは?」「えら呼吸」と答えてしまうぐらいに海が好きです。うん、えら呼吸が欲しいはちょっとどうかしてる。(笑)

そして、以下太字にしているところが特にやすくんに惹かれた部分。

 

・家族が大好きなところ

A-studio(2013年11月1日放送)で家族の話を楽しそうに話している姿を見て、もっとやすくんが好きになりました。

「家族はすごい仲良しなんですよ。パッと見たら両親がキスしてたりして。僕、お父さんと一緒にお酒を飲むことも多いんですけど、一緒に酔っ払って家に帰って、お父さんがお母さんに『なぁ〜』って絡み始めて、お母さん、久美子って言うんですけど、『なぁ〜久美子チューしよや〜』って。それにのっかって僕も『チューせえ!チューせえ!』って言います(笑)」

いやぁ〜なんて仲良しな家族なんでしょう。このエピソードを話すやすくんが可愛すぎました(涙)もうこの時点でやすくんが家族が大好きなことが伝わりますよね??他にも、お姉ちゃんと電話する話とか、お母さんが「お父さん寂しがっててな〜」ってやすくんに電話したり、お父さんはシャイだってやすくんが話してたりもう家族のエピソード満載で素敵なので、まだ見てない方は、Aスタを見ることをオススメします!!

 

・他人の幸せは自分の幸せ という考え

「どうしたらいいのかわからなくなって、一度安田くんに相談したことがあって、そしたら言われたんです。他人の幸せを喜んであげられる人間になりなさいって。」(桐山照史10000字インタビューより)

 

安田章大ソロ曲 「それぞれの君と」の歌詞

「それぞれの君が幸せになってくれるのが 僕の幸せになって 僕の幸せがそれぞれの君の幸せになって また僕の幸せになってまた・・・
人はそんな幸せ連鎖繰り返して 人の輪になって、なってく」

 

やすくんは、人が大好き。人との出会い、繋がりを大事にする人です。とにかく人のためを想っていますし、多くの人に対して心から感謝しています。

"他人の幸せは自分の幸せ"

なんて素敵な考えなんでしょう…。やすくんが言うからこそ、この言葉に説得力があるんですよね。

 

 

最後にまとめると…

 

やすくんのことを私は心から尊敬しています。こんなに優しさが滲み出ていて、才能溢れていて、かっこよくて、かわいくて、周囲の人みんなに愛されていて………こんな素晴らしい人間性をもつ安田章大のファンになれて良かったって心の底から思います。

長々と記事を書きましたが、やすくんのことについてまだまだ書き足りないぐらいです!(;_;)

到底私はやすくんみたいな全てを兼ね備えた素晴らしい人間にはなれないけど、人との繋がりを大事にしたり、感謝したり、そういう部分なら私もやすくんみたいになれるのではないかと。人との繋がりを大事にするやすくんを見て、私も人との繋がりを大事にしたい!と強く思うようになりました。

 

安田章大くんは最高の自担です。この記事を読んで下さった方々に、やすくんの魅力が存分に伝わっていれば幸いです。

 

 

 

私の中でのMr.KING とは?(Jr.祭り3/26 2部3部)

ジャニーズJr.祭り行ってきました!
もうこの日が始まる前は、平野紫耀くんのうちわが持てる!横アリでパフォーマンスする紫耀くんを見れる!とワクワクしていました。

さて、なぜこんな哲学みたいな記事のタイトルになっているのかというと…
ジャニーズJr.祭りにおけるMr.KING が私の想像しているものとは違ったのです。

いや、具体的にこんなだろうなってイメージしてた訳ではないのですが、終演後、なんか物足りなさを感じてしまいました。心にポッカリ穴が空いたような。


2部(14:00公演)の席はアリーナDブロック。かなりの近さに興奮していました。ここの席、HiHiJetと東京B少年が何回も目の前で歌ってくれて。
「藤井直樹くんかわいい〜!」とか我ながら楽しんではいたのです。

でも、この席残念ながらMr.KING がびっくりするくらい来なくて。たまにサッとDブロ目の前のステージを通っていくくらいです。KING のパフォは全部モニターで見ました。

この席、近くていいんですけれどパフォーマンスはほとんどが後ろ向き。Aブロックが基本的に正面と考えられていたコンサートでした。

いや、私は踊ってる後ろ姿ってとてもかっこよくて全然嫌な訳ではないんです。振り返ってみると、SixTONESの全員で座って踊るダンスがかっこよすぎて忘れられないし、Love-tuneのバンドもみんなギラついててかっこよかったし…

結局私は何を言いたかったのかと言うと、

KING の見せ場ってあった?
私の中で何か心の中に残っているものってあった?
ということです。

SixTONESは新曲のダンスかっこよかったし、すとすのでの闇を突き抜けてからのバスケパフォーマンスで会場を盛り上げてた。
Love-tuneは安井くんをメンバーがハートで取り囲むというかわいい場面がありつつバンドではギラギラした超絶かっこいいパフォーマンスをキメてた。
HiHiJetは得意のローラーで外周を駆け回ってるのが印象に残ってる。
東京B少年は普通に出番多いと思ったし、どんな曲でもかわいくてときめく〜!って思ってたらBe coolでかっこよくキメてて。
Travis Japanはとにかく外周回ってるときにはしゃいでるのが伝わってきて、パフォはもちろん圧倒的なダンスの上手さを感じたし、そう思ったら山手線の曲でちょっとおちゃらけたこともできる。
SnowManはやはりアクロバットが強くて、目が釘付けになるし、キスマイのGravity歌ってるのかっこよかった。
Princeの最初の曲では外周を駆け回ってる姿が勢いあって良かったし、私の大好きなプリンスプリンセスでは2番も歌ってくれるというサプライズ感あるものを見せてくれた。

これで全グループの感想言ったかな?
え?KING は?

そうです。私、正直KING のパフォーマンスで印象に残っていることがない。コンサート終わったあと、KING のここが良かったね。紫耀くんのここが良かったよね。って話ができなかった。悲しいくらいに。

キンプリのハロー春色とBounce to nightはとても良かったんですが!!
ハロー春色の最初に寝そべりながら歌う紫耀くんがかわいかった。
まぁ見せ場を強いてあげるならここだと思うんですけど、この2曲はいつもテレビとか、コンサートで見てるのと変わらない、別に横アリじゃなくても見れるやつ。

いやでも、アリーナDブロっていうお席が私にとってはいけなかっただけだ!だって普通に"ジャニーズJr.のコンサート"としては楽しかったし!!


そして私が次に行く3部でまた違った見方ができるはず。そう切り替えました。
3部は南スタンド席。距離は先程より遠いですが、全体を見渡せる!どこに紫耀くんがいても双眼鏡越しに見れる!とワクワクしました。


でも、別にさっき思ったことと変わりなかった。KING のパフォーマンス良かったな〜!って思わなかった。

ただ、双眼鏡越しにお手振りしてる紫耀くん、花道を練り歩く紫耀くんも見れたのは良かった。「あ〜!手振ってる〜!」「ファンサしてる〜!」「紫耀くんの笑顔が見れた!かわいい!」
やはり、私は紫耀くんに冷めている訳ではない。紫耀くんが好きなことには変わりない。そう強く感じました。


でも、平野紫耀とは、現在は"Mr.KING "の"平野紫耀"。

平野紫耀を好きでいることには、Mr.KING の存在は付き物なのです。


KING って正直、ジャニーズJr.の中心的な存在で、2016年の夏のサマステではサポーターを務めてコンサートでは1人1人のメンバープラス他のグループ公演があったり、Mr.KING の公演は数が多かったり。その後は平野紫耀くんが座長を務めるジャニーズフューチャーアイランドがあって、冬のジャニーズオールスターズアイランドでも出番はかなり多かったじゃないですか。

こんなに中心的な存在で出番が多かったのに、今回のJr.祭りでは中心的な存在という感じはなかった。むしろ出番少ないのでは?と思ってしまった。実質出番が少ない訳ではなくて、全グループが平等に出演できる素晴らしいコンサートだったと思います。
慣れって怖いですね。KING だけじゃなくてKING のファンもそうなんじゃないかな。"中心的な存在"に慣れてしまって、そこから外れると寂しくなる。今回のJr.祭りは確実にKINGでは"中心的な存在"を感じなかった。これはずるい悩みだと自分でも思います。


あとここが最大のポイント。KING 以外のグループってみんな、横アリでのコンサートを盛り上げるぞ!俺らの最高のパフォーマンスを楽しむぞ!っていう熱意がすごい伝わってきた。みんなギラギラしてた。KING にはそれが感じられなかった。なんか淡々と仕事をこなしてる感じ?失礼な言い方だとは思うけどこんなことを思ってしまった。自分達が中心的な存在なことに満足してしまった?
そう思ってしまった自分が悲しい。絶対KING たちはそんなこと思ってるはずないって信じたい。


私は、正直これからもKING がこんな感じだったらファンを続けたくありません。向上心とか、熱意が伝わってこないグループを応援するのは無理です。

そもそも、私は"平野紫耀"が好きな訳で、"Mr.KING "が好きというのは、当てつけみたいなものでした。


好きな人=好きな人が所属するグループが好き


こんな法則が私の中でありました。というか、普通みんなそうですよね。関ジャニ∞ジャニーズWESTも、グループとしての活動に嫌になったことは一度もありません。
だから、「グループに所属する子が好き、でもそのグループを好きになれない」という感情は初めてです。今、私とても困っています。辛いです。

いっそKING 解体しちゃえ!!というか紫耀くんなんで東京きたの?関西に帰ろう?関西にいたときの紫耀くんのほうが、いいところいっぱい見れたし、まわりのメンバーが紫耀くんの良さいっぱい引き出してくれたよ?なのに、なんでこんなことになっちゃったの………

自分でも本当にワガママだなって思います。紫耀くんが東京に来た時は複雑だったけど、私にとっては会いやすくなったから良かった面もあり、ましてや東京にきた紫耀くんはあっという間にジャニーズJr.のてっぺん的な存在になって。こんなすごい人のことを好きになれて嬉しかった。誇りだった。


なのに、今は"嬉しい"じゃない、"辛い"。


なんでこんなに辛いのかと言うと。平野紫耀くんのことが大好きだから。紫耀くんのことを嫌いになれる訳ない。だから辛いんです。いっそ紫耀くんを嫌いになっちゃえば、簡単にKING から離れられるのです。紫耀くんのことを好きな以上、KING からは離れられないのです。"平野紫耀が好き"には"Mr.KING の存在"が必ず付随してくるのです。


自分でも考え過ぎだと思います。
正直、ジャニーズJr.祭りというたったの2時間で終わるコンサートでここまで考えるべきではないとは自分でもわかっています。

だから、まだ簡単にKING のファンは辞められないです。これからのKING に期待したい。今回のJr.祭りでKING 本人達が、何か変えなきゃ、何か学ばなきゃ、と思っていてほしいです。そして、次回のコンサートや舞台で、また新しい姿、成長した姿を見せて欲しい。


私はとりあえず一旦落ち着いて、気楽にMr.KING平野紫耀くんのことを考えていこうと思います。他のKING担さんも、今回のJr.祭りでKING のことをどう思ったか気になるところです。



長々とお付き合いありがとうございました。

なうぇすとの素晴らしさを伝えたい②(名古屋2/16)

なうぇすとの素晴らしさを伝えたい①(名古屋2/16)の続きです。無鉄砲ボーイを歌った後はこちらの曲。

☆雪に願いを(濱田・小瀧)
2人がメンステに登場。のぞむは、ギターを演奏します。なんでしょうこの空間。会場は暗く、2人が照らされる。白い光のつぶがまるで満天の星空のようでした。2人のハーモーニーが鳴り響く。あの時間、すごい良かったなぁ。

で、ごめんなさい(笑)なうぇすとの素晴らしさを伝えたい①で書き忘れたんだけど、確かギラギラブベイベーかな?このときリフターで神ちゃんが上がってきて、そのときの神ちゃんがたまらなくかわいかった。途中、急にリフターに座って足ぶら〜ん。テディベアみたい。神ちゃんテディベア。その後寝っ転がっちゃう。か!わ!い!い!!これだけはどうしても伝えたかったです。さて、話を戻します(笑)


☆関西Jr.メドレー
Hairから、UME強引オン!と続きます。Hairはもう…言うまでもなくかっこいい。エロい。あっという間に終わっちゃうからもうちょっとやってほしい。UME強引オン!は丈と末が良かったんだよなぁ。2人とも金髪で、金髪コンビでわちゃわちゃしてて。なんかペンラくらいのサイズの割り箸に紙を貼り付けたみたいのに「丈」って書いてある小道具を持ってカメラにアピール。裏面は「望」だった(笑)てか、これ小道具なのかと思ってたけど、レポを見た感じどうやらファンが作ったやつを借りたっぽい。とりあえず丈末ピースフル。

次は、安定のパラパラコーナー!!

☆エエやんけェ‼︎
今回は、MCのランキングを彼らはまだ引きずっていて(笑)5位の崇裕!2位の淳太!7位の大毅!のように紹介されてメンバーのソロパートを歌いました。自分のソロパートなのに「アホッアホッアホッ」とアホ連発して全く歌わない重岡くん(笑)重岡くんはもう7位のことをネタにしていますね。彼のこういうところが良いんだなぁ。

☆アカンLOVE〜純情愛やで〜
センステで踊り狂います。この曲ってメンバーがダンスをして、お客さん達がそれを真似するっていうモノマネダンスコーナーがあるじゃないですか?そのときの神ちゃん。ハイレベルなダンス(倒立っぽいの)をする。できるわけないでしょ!と会場中が心の中でつっこんだはず。それを代弁するかのように「できるか!」と照史のつっこみ(笑)
真似するメンバーと関ジュを見て「わかるのは淳太が一番下手!!」と照史が。突然のばどー!!
あとのぞむが間奏でブルゾンちえみのネタをやってたらしいんだけど、私元ネタ知らなくてなんだろうって思ってました(笑)

もう、この曲くらいからメンバー全体のテンションがアゲアゲで暴れてましたね。いつも以上のはしゃぎっぷりでした。体力有り余ってるのほんとだと思った(笑)

☆ホルモン〜関西に伝わりしダイヤモンド〜
全員メンステへ。またまた踊り狂います。サビ前の濱ちゃん・神ちゃんと続くパートでは
濵ちゃん「どんな道だって楽じゃないよな!!!スタミナがなけりゃ進めない!!(セリフ口調)」
それに乗っかる神ちゃん。「そう!!どんなことだって無駄じゃない!燃えあがれるかは自分次第!!(セリフ口調)」
そしてセンステまで走り出す神ちゃん。メンステでみんな全力でサビを踊る中、全力で走る(笑)
次は流星が「根性見せろよ東西南北〜〜」のラップのところでセンステまで走り出す。流星が乗っかった!!わかってる〜!よくできる子!!!!!拍手!!(流星に甘い私)
いや〜、ほんと流星までもがこんなにテンション上がってるの珍しいな〜と思って…こっちもすごいテンション上がりましたよ!!続いて、のぞむも走る。のぞむはなんとバクステまで走った!でも折り返しのときに疲れ果てて倒れこむ(笑)のぞむ、期待を裏切りません。そして、最後は濱ちゃん行け!って言われながら濱ちゃん猛ダッシュでバクステまで走る。濱ちゃんは折り返しも全力で、センステまできて濱ちゃんだけセンステでサビを踊る(笑)
もうなにこの空間。これコントかな?みなさん、MC中じゃないですよ。激しいダンスの曲中ですよ。自由すぎる(笑)もうみんな暴れすぎて楽しかったです。こんなにテンション上がってる彼らを見れて良かった!名古屋来て良かった!!

☆I got the FLOW (神山・流星)
はい、これ私がこのなうぇすとツアーで1番楽しみだったやつです!!アルバムで曲を聴いた時から!絶対これライブでやってかっこいいやつだって思ってましたよ…。まず、衣装が!かっこいい!!2人とも黒っぽくて騎士みたいなかっこいい衣装。そしてサングラス。ハット。これはずるいです。
あのイントロと共に、メンステのソファーに座った2人が…!やっぱり、椅子を使う演出は間違いない。そしてちょいちょい腰振りを挟むダンス。はぁ〜〜〜!思い出しただけで興奮です!
サビ前、まずは神ちゃんの英語のセリフ。サングラスからちらっと目を覗かせ、ニヤッとした表情。くぅ〜〜〜!痺れます!いつものかわいい神山智洋とのギャップよ!!
2番サビ前は、流星の英語のセリフ。流星もサングラスからちらっと目を覗かせ、さらに舌ペロ。もう言葉がでません。何この人!?かっこいいとか単純に一言じゃ言えない。オーラがすごい。色気がすごい。魅せ方がすごい。鮮やか。これぞまさに真のエインターテイメントと言うのでしょうか…。もう、この曲は流星に釘付けですね…。
そして2人が歌いながらメンステからセンステに移動するんですけど、なんでしょう。この2人の帝王感。俺についてこいよ!みたいな。普段穏やかな2人がオラオラしてる感じ。たまらない。そして2人がメンステで踊り切ると、そのまま次の曲へ。

☆Believer
流星・神ちゃんがいるセンステに、メンバーが集結します。また登場の仕方がすごい。センステの真ん中から、下から残りのメンバー達が上がってくるんです。この瞬間、瞬きできないです。この瞬間をずっと見てたい。もっと堪能したい。イントロと共に上がってくるメンバー。この光景は忘れられません。
衣装は、メンバーそれぞれ違ってるんですけど、みんなかっこいい。特に私はのぞむの衣装が好きです。ハットが似合ってるんですよね。あと、名古屋はこの衣装のときにのぞむってこんなに顔細かったっけな…と思いました。細さが強調されるんですかね?映画撮影前なのでダイエットしてるそうなのですが。頑張って欲しいです。
話が逸れました(笑)あと淳太くん!羽織ってるのをちょっとずらして、肩見せ。えっろ!!淳太くん超絶エロい。淳太くんって本当に魅せ方が上手。
この曲のダンスもすごくかっこいいですよ。サビのダンスは見ててゾクゾクしますね。ちょっと体をくねらせるダンス。

☆one chance
センステで踊ってた彼らに、白のスモックがかかります。そして始まるイントロ。きたぁぁぁ!!わんちゃんす!!!この流れでわんちゃんす!!心臓持たない。横アリのときは、白のスモックにone chanceという文字が浮かび上がる演出があって感動したんだけど、名古屋ではあったっけな…?見逃しただけだったらごめんなさい。
白のスモックの中、だんだん踊ってる彼らが見えてくるのが幻想的でかっこいいんだけれど、正直、スモックがなかなか濃くて全然7人の姿が見えない。足は見える。私的にはやっぱり踊ってる姿を最初から見逃したくないので、この演出やめてほしいです(笑)
流星の「超イイ」を聴くのにソワソワしながら彼らの激しいダンスを見守る、この時間が最高です。セリフがくるところで視線をモニターに移し、流星の表情と共に「超イイ」を堪能。あっぱれ。余は満足じゃ。

こんな感じで、超絶かっこいいダンスナンバーが終わっていきます。

次は、あのかっこいい衣装のままステージを駆け回り、ええじゃないか〜バンザイ夢マンサイ!と続きます。バクステにメンバーが集合すると、逆転Winner〜夢を抱きしめてと続きます。この辺はメドレーみたいな感じで曲が終わっていきます。

☆バリハピ
センステに移動すると、この曲が始まります。名古屋のときのバリハピがすっごいかわいかったんだなぁ。濱田軍団(濱田・流星・小瀧)でわちゃわちゃ。しげじゅんでアホの坂田でふざけ合い。神ちゃん照史は距離が近い。なんだこの図は。これを世界平和と呼ぶのでは?
あと、照史と神ちゃんでぐるぐる回って遠心力で神ちゃんがポーン!と放り投げられ、そのまま寝っ転がる神ちゃん。倒れた神ちゃんが魂抜けた顔でカメラに映されます(笑)世界平和。


世界平和を感じた後に、人生は素晴らしいが続くというストーリー。(私の勝手な考え)さらに、ズンドコ・パラダイス・ジパングおおきに大作戦が続き、シングルメドレーが終わっていきます。

☆KIZUNA
歌いだす前、照史の挨拶。「名古屋にはもっとデカイ会場があります。いつかそこでできたら!」って言ってたのが印象的。目標を口に出してくれるのって嬉しいですよね。

そして始まるこの曲。もうね、綺麗なんですよ。雪に願いをのときみたいに、会場が白い光のつぶに包まれ、満天の星空が7人に降り注いでるかのよう。そんな光景の中歌う7人。7人共、すごく気持ち込めて歌ってるのが伝わってくるんです。
「ほら あの日夢に見た目の前に広がる世界」という神ちゃんの歌声から始まるこの曲。この時の歌い方とは少し違う、神ちゃんの力強さを感じたのがここ。1番最後のサビ前。
「心から誇ろう」の神ちゃんの歌声に強さを感じた。ビブラートがすごい。この神ちゃんのビブラートのあと、一瞬音がなくなって、「奇跡起こして」と続くサビ。鳥肌でした。BGMが消え、神ちゃんのビブラートだけが鳴る瞬間があったんです。この一瞬に心を掴まれました。
そして最後の濱ちゃん。最後のサビが歌い終わると、濱ちゃんのフェイクと言うのでしょうか
「ただ1つ〜Oh〜」
ここの歌声が鳥肌です。濱ちゃんの真っ直ぐな歌声。ここを聴くためにこの曲が存在するのだろうかとまで思いました。綺麗なビブラート。だけど、力強い。濱ちゃんのビブラートで終わっていくこの曲。なんて素敵なんでしょう。

途中、濱ちゃんとのぞむが向き合いながら歌う時がありました。はまこたピースフル。

KIZUNAは、神ちゃん・濱ちゃんの歌声が本当に素晴らしいと感じます。もちろん、他のメンバーもとても良い表情で歌っているんですね。最後、モニターが7分割されていて、7人それぞれの表情をしっかり見れるのが良い。この曲を聴くと、WESTってみんな歌上手いなぁって。改めて感じます。

最後、終わってばいばーい!とお別れ。幕が閉じていくんですが、最後中心にいるしげだけが映るんですけど、その顔がいつになく真剣で。MCで散々言われたからここはキメようと思ったのでしょうかね。(笑)

☆アンコール
いま逢いたいからしょうがない〜100%I Love You〜覚悟しろよSummerと続きます。
もう、最初にスタトロでやってきた淳太くん、Tシャツ姿でも色気ダダ漏れで思わずぽかーんと私もじっと見てしまいました。向こう側のトロッコからは流星がやってきました。もう流星のことばっかりに意識がいってしまって、正直曲はまったく入ってきていません(笑)
アンコールが終わって、メンステにみんなが集結する中、流星は1人センステとメンステの間の花道でファンへ手を振ったりしていました。優しい流星。終始ご機嫌な流星でした。かわいかったです。

☆最後の挨拶
最後、メンバー全員手を繋ぎ、しげがマイクを置きます。地声で「俺たちが!」
これを言う前、私はまた絶対ふざけるかな〜って思ったんですけど、彼、そんなことしなかった。いつになく真剣だった。どうしたんだ?なんかKIZUNAあたりからのしげかっこよかった。「ジャニーズWEST!」と会場が叫び、コンサートは幕を閉じていきます。
みんなばいばーい!とはけていくのですが、最後に流星が取り残されます。流星かわいいゾーンがやってきました。落ち着け自分。


「えー!おれほんま嫌や!こういう時何やったらええの?じゃあ一回だけ…ちゅっ♡(カメラに向かって投げチュー)」


ぎゃぁぁぁぁ!!叫びました。会場中が悲鳴でした。ずるいよ流星。最後にこんなプレゼントを置いていくなんて…。
そして、流星が戻ろうとしたらのぞむに押し戻され(レポで見ると重岡説もありますが、おそらく小瀧)「まじか!お前こいよ!」と軽く舌打ちな流星。かっこいい。
仕方なくもう一回戻って来た流星。


「今日のライブ、超イイ…♡ばいばーい!」


もう私は抜け殻になりました。超イイがまさか最後に聞けるなんて…。完全に語尾にハートマークついてた。one chanceのときのセリフとは違う、超イイの笑顔バージョン。
ばいばーい!もかわいいし…。やられた。もう私流星から離れられないんだなぁって。こんなにときめいてしまった。

それにしても、流星を押し返したのぞむに感謝せねば。のぞむできる子!!!!!拍手喝采。

そんなこんなで、私的なうぇすとツアーは幕を閉じたのでした。


名古屋の全体的な感想。
名古屋はメンバーたちがとにかく元気で終始楽しそうだったなっていう印象。本人達も言ってたけど、名古屋は1日1公演だけだから、体力有り余ってこんなパワフルだったのかな。お昼くらいに起きて、そのあとみんなでひつまぶし食べに行って最高やったな!とかいってるぐらいだし。メンバーの元気な姿を見れるのが1番だよ。正直、横アリは1日2公演なんてザラにやってたし、計9公演もやったしまだツアーも始まったばかりだったからかな。ここまではパワフルじゃなかった(笑)

そして、名古屋にきてより一層流星をこじらせた私……。良かったのだろうか。いや!良かった!名古屋が私にときめきをくれた!!名古屋に行けて本当に良かった!これからも流星をこじらせていきます!

ジャニーズWESTってなんて素敵なグループなんでしょう。これからもどんどんおっきくなる彼らを見届けたい。見届けさせてください。



おしまい♡(ラッキィスペシャルの最後ののぞむのセリフ風に)